本文へスキップ

農業と商業が学べる高校 Fukagawa higashi highschool

3年流通経済・情報処理科「課題研究:広報」public relations

活動内容

 校内での課題研究活動、また成果などの情報を掲載していきます。
 その他、入学を考えている中学生および保護者様、中学校様向けに各学科の授業の様子も掲載していく予定です。

課題研究活動

今年度は商品開発班2つ、台湾交流班、移住定住班、広報班があり、計5班で課題研究の授業が行われています。
ここの項目では各班の進捗状況や成績、成果を掲載しております。

商品開発@

新商品 フルーツ王国深川のフルーツベーグル 企画
紹介
「深川らしさ」を全面に押し出した新たな商品企画として、北海道内の果樹生産量上位という深川市の特長を生かし、深川市で育てられた果物を使ったベーグルの開発をしています。
深川の果樹園産のりんご、プルーン、さくらんぼ、ブルーベリーなど様々な果実を原料としたベーグルの商品化、また深川産果物のブランド化を目指し、日々活動をしています。

 現在の進捗状況(12月05日
パン屋さんを2軒訪問し、企画書の提出をしてきました。
現在は提出した企画書についてのコメントを待ち、パッケージの原案や、自分たちで試作品を作るなどの活動がメインです。

   

商品開発A

新商品 ふかがわぶりゅれ(仮) 企画・開発
紹介
深川産のサツマイモを使用したクリームブリュレをプラザホテル板倉さんとコラボして現在開発しています。
「サツマイモの甘みやチーズケーキのようななめらか食感などが楽しめるように」と高校生ならではの発想で開発を始めました。
そしてこの商品をきっかけに、深川産のサツマイモなどの農産物を北海道の様々な地域へ届けたいと願いつつ、現在開発中です。

 現在の進捗状況(12月05日
プラザホテル板倉を訪問して、本格的な開発の打ち合わせをしてきました。
プラザホテル板倉でシェフをしている中村さんに試作品を3種類も提供していただきました。そして、その3種類の中から1種類を選んで開発をさらに進めていく予定だそうです。

   
   ←提供していただいた試作品

台湾交流

台湾訪日交流事業企画 〜ようこそ深川へ〜 企画
紹介
訪日交流事業である教育旅行を実施することで、深川東高等学校での体験学習をはじめ、日本発祥の文化(柔道や浴衣、もちつき)などを台湾の高校生に認知・理解していただきます。
その上で、魅力ある再訪プランを提示することで、台湾との交流を深めること等を目的として、深川市の地域経済の活性化することにつなげることを目標にしてプランの考案、企画を行っております。

 現在の進捗状況(12月05日
訪日交流視察団との事前交流をしました。(10月18日)
その時は台湾交流班のプレゼン発表から始まり、深川東高校の商業クラブが制作している「りんごラムネ」を提供し、校内施設の案内・授業見学などを行いました。

   

移住・定住

プロジェクトQ(キュー) 〜深川の9ヶ月で9つの夢を〜 企画
紹介
プロジェクトQとは、深川市の空き家や廃校を使った村(コミュニティー)を作り、それぞれの夢を叶える9つのプロジェクトです。
3月から11月までの9ヶ月間で味わえる深川の魅力を農業体験などを含め、9つのプロジェクトをメインに体験してもらうというプランです。

尚、当プロジェクトは「高校生プレゼンテーションコンテスト」にて最優秀賞を受賞しました。(10月7 日)

 現在の進捗状況(12月05日
上記にある「高校生プレゼンテーションコンテスト」で最優秀賞を受賞した後は、プロジェクトの実現に向けてさらに綿密にプランを練ってより良いプランにすることをメインに活動しています。

   

広報

当ページ(課題研究・広報) 作成・更新
フリーペーパー 作成・配布
新PRビデオ 作成
紹介
広報班は3つのプランをそれぞれ担当して作業をしています。
フリーペーパーは現在作成中で、今年度中の配布を目指し、活動しています。
新PRビデオは深川東高等学校のホームページに新たに掲載する予定のPRビデオを作成しています。完成次第、ホームページに掲載する予定です。
当ページは授業での活動風景や各班の研究成果を随時更新していきます。

北海道深川東高等学校

〒074-0008
北海道深川市8条5番10号

TEL 0164-23-3561
FAX 0164-23-3562



公立高校授業料無償化の見直
しについてのお知らせです。


【小中学生の保護者の方へ】